シャペル・フジタ

パリ郊外シャンパーニュ地方。
平和の聖母のフレスコ画やステンドグラスなど、レオナール・フジタ画伯の芸術に彩られた珠玉の教会。

フレスコ画、ステンドグラス、そしてレリーフや彫刻まで
全てがレオナール・フジタ画伯珠玉の芸術作品の教会
シャペル・フジタの正式名称はノートルダム・ド・ラ・ペ(平和の聖母)礼拝堂。第二次世界大戦中の 従軍画家としての経験から平和への祈りを強く抱いていたレオナール・フジタ画伯の最晩年の傑作です。礼拝堂内のフレスコ画は1966 年8月から11 月の三ヶ月で描き上げたもの。漆喰が乾かないうちに 描かなくてはならないフレスコ画を、80 歳という高齢で一気に描き上げた情熱と気迫が見る者を圧倒す る力強い筆致です。チャペル・フジタにおけるブレッシング・セレモニーでは、この芸術作品そのものの空間でお二人のご 結婚を祝福し、平和の聖母が見守るなかで永遠の愛の誓いを交わしていただきます。

INFORMATIONインフォメーション

アクセス
33, rue du Champs de Mars 51100 Reims(シャン・ド・マルス、ランス)
挙式スタイル
ブレッシング
宗派
プロテスタント
挙式中の言語
英語(日本語を交えて) 牧師様により異なります。
挙式可能日
4月から10月の月~金曜日(祝祭日は除く)
1日の挙式
1組限定
申込に必要な書類
教会提出用書類、婚姻届受理証明書
バージンロード
5m 石灰岩
収容人数
30名
建造年
1966年11月
音楽
オルガン
ブーケ
白ばらのラウンド

基本挙式料金

基本挙式料金:¥ 680,000

料金に含まれるもの

1.式場使用料
2.セレモニーマスターへの謝礼
3.日本人介添人兼通訳
4.ブーケ&ブートニア
5.結婚証明書(法的効力無し)
6.挙式後のシャンパン乾杯
7.パリ市内(1~20区)ホテル⇔ランス間往復送迎(セダン利用)
8.現地からお祝いのお土産
9.ランス・シャトーホテルでのランチ・レセプション(2名様分)