セント・ポールズ教会

キリスト教3000年の歴史と文化が息づくローマ。
とびきりロマンチックな雰囲気の街にたつ、ゴシック様式の教会で祝福の1日を。

19世紀の終わりに新しい時代の幕開けを彩るシンボルとして、古都ローマに誕生した美しい教会です。細やかな意匠がほどこされ、美しく荘厳な表情を見せます。教会内では、薔薇窓のステンドグラスから差し込む7色の光が、大理石のヴァージンロードを照らしだし優雅。高い天井に響き渡るパイプオルガンの音色は、聖地ローマにふさわしい神聖な安らぎを感じさせ、式を挙げる二人を優しく包み込みます。世界の有名人が憧れるこの教会は、永遠の愛を誓うための最高のステージといえるでしょう。

GALLERY写真ギャラリー

MOVIEムービー

PHOTOGRAPHERフォトグラファー

最高の日を迎えられたお二人の美しい姿を、鮮やかな思い出として残すウエディングフォトも、ローマならではの空気感を湛えた特別なものを。
セントポールズ教会を知り尽くしたプロフェッショナル・フォトグラファー、マウリツィオ・バドラートがお二人の様々な表情を引き出します。
厳粛なセレモニーに臨むお二人の凛々しさ、誓いを交わした後のこの上ない安堵、そして祝杯を掲げる歓喜の微笑みなど、最も印象的なアングルを捉えて優しい言葉とともにシャッターを切ります。
挙式後は、永遠の都を巡るフォトツアーがお薦めです。紀元前から歴史の中心地として繁栄を続けて来た街並みは、まるで生きているミュージアムのよう。
世界中の人々が憧れるランドマークをちりばめた宝石箱のような街でのフォトツアーでも、生粋のローマっ子であるマウリツィオがまるで映画のようなシーンの数々を切り取ります。

マウリツィオ・バドラート プロフィール
3歳の頃からカメラをおもちゃにしていたというマウリツィオの信条は、『写真とは魂で撮るもの』。従軍記者やドキュメンタリー番組の写真監督を経て、現在はウエディング・フォトグラフィーをメインとするスタジオを経営。国内外のカップルの幸せの瞬間をファインダーにおさめるスタイリッシュなカメラワークで、高い評価を得ています。

INFORMATIONインフォメーション

アクセス
Via Napoli 58, 00184 Roma(オペラ座付近)
挙式スタイル
牧師によるブレッシング
宗派
プロテスタント
挙式中の言語
英語
挙式可能日
月~土曜日、土曜日は午後のみ
1日の挙式
3組まで
申込に必要な書類
無し
バージンロード
25m大理石
収容人数
約200
建造年
1876年
音楽
パイプオルガン
ブーケ
白ばらのラウンド

基本挙式料金

基本挙式料金:¥ 288,000

料金に含まれるもの

1.教会使用料
2.牧師への謝礼
3.音楽手配料
4.日本人介添え人兼通訳
5.ブーケ&ブートニア
6.結婚証明書(法的効力無し)
7.挙式後のスプマンテでの乾杯
8.ホテル⇔教会間の送迎車(市内)
 ※ご宿泊ホテルがローマ市外の場合、追加料金(要見積)が必要となります。

セント・ポールズ教会での挙式の流れ(例)

前日夜
スタッフより電話にてご到着確認
08:30
ご宿泊ホテルのお部屋にスタッフが伺いお支度
10:30
送迎車にてホテルを出発
10:45
教会にて挙式の流れについてオリエンテーション
11:00
教会にてブレッシングセレモニー
11:30
教会にてスプマンテでの乾杯
11:45
送迎車にてホテルへお送り
またはオプションのフォトツアーへご出発

※掲載スケジュールは一例です

オンリーワンウェディング